浮気への寛容な見方があってもやはり浮気はしないに越したことはない

浮気というのはしてはいけないことですが、最近は浮気はばれなければそれほど悪くはないという風潮が多く見られるようになってきているように感じます。なかには夫婦なのに、浮気を容認している場合さえあり、浮気をしてもいいが、離婚は絶対にしないし、子供をよそで作るようなことをしなければ、浮気は仕方がないという実に寛容な見方を持つ男女さえいます。自分に気づかれずにうまくやってくれればそれでもいいという考えをする人たちがいるのです。

とはいえ、浮気というのはする方はどきどきしてたまらない刺激かもしれませんが、される側としては面白いはずがありません。自分よりも魅力のある相手がいるということかもしれず、若い子であればなおさらでしょう。個人的な感情としては裏切りであり、許すことはできないという気持ちになるのが普通ではないかと思いますし、夫婦の間で浮気ということであれば、結婚生活への大きな影響となって現れます。今までは疑うことなど全くなくしすべてを信頼していたのに、配偶者が浮気をしたということがわかった時点で、これまで築いてきた信頼関係が崩壊してしまうのです。その代償はあまりに大きく、それは離婚問題に発展することは少なくありません。中には浮気をしたことで家庭を失い、妻を失い、そして仕事まで失う人がいます。そのようなことになったら取り返しがつかないことでしょうし、後悔しきれないに違いありません。浮気はしないに越したことはないのです。

浮気をする理由について

浮気をする人間の心理としては大きく三つがあると思います。
まずは単純に異性への執着が強く、見境なしに付き合いたいと思う心理です。これはもう、その人の趣味や嗜好になってしまいますので何とも言えません。ただそのような人間と付き合うと、苦労することは目に見えているよなと苦笑いしてしまいますよね。
次に寂しいと感じて浮気をしてしまう心理です。本命はいるものの、関係が上手くいっていないための浮気になります。これは心は本命にあるものの、その想いに答えてもらえない寂しさから浮気に走ってしまうものです。子供が寂しいから、いたずらをして気を引く心理に似ているでしょうか。これは浮気をされた方にも問題があるということですよね。浮気が発覚した場合、何が原因なのかを良く見ていただきたいケースです。
最後は「別れたい」という意思表示を行動に表した浮気ですね。上記2つが、文字通り浮ついた心での浮気だとしたら、こちらは別れたいと思っての行動なので浮ついた心一切ありません。
恋愛をしていて痛感するのは、付き合い始めるよりも別れる時の方が労力を必要としますよね。離婚の時も同様です。付き合う時は「好き」という心だけで双方が納得できますが、別れる時は「嫌いだから」でスンナリと行く方が稀です。大抵は「嫌い」と言っても「ハイそうですか」とはならず、「何故?」となりますよね。そういった交渉をするくらいならば、浮気をして「もう関係は続けられない」という意思表示を行動で表してしまおうとなってしまうのです。
いずれにせよ、浮気という行為自体に良い印象は持てません。これが発覚するようならば、もう関係は続けられないでしょうね。

浮気ってなんでするの?

なんで浮気をするんだろうなあ…と思います。
以前付き合っていた男性に浮気をされたことがありました。
お互い社会人で、遠距離恋愛をしていた時のことです。
会えない日は毎日電話をしていて、お互いの今日一日のことを報告しあっていたんですが、たまに電話してもつながらない時が出てくるようになりました。
そして、会った時も携帯電話は手放さないし、なぜか私の浮気を疑ってくる。
なんとなく、「この人が浮気してるのかな」とぼんやり思うように。
あんまり悩みたくないので、疑い始めてすぐに「浮気してるよね?」と聞くと、彼は大号泣しながら必死に謝ってきました。
じゃあ別れようか、という話になると別れたくない、浮気相手とはもう会わないから…という彼。
彼は私と別れて浮気相手の子と付き合うつもりだろうと思っていたので、彼の私とは別れたくない、というのがよくわかりませんでした。
「じゃあ浮気しなきゃいいじゃん?」という感じです。
相手のことを思いやれるなら、相手がされて嫌なことはしないはず。
私はそう思ったので、彼とはその時すっぱりと別れました。その後、他の男性と付き合うようになったころに、その元彼から連絡があり「浮気相手だった子とはすぐに別れた」ということを聞きました。
そんなにあっさり別れられる人と、なんで浮気なんかしたの?と聞くと、「浮気してるってスリルだけだったのかも…」とのこと。復縁を迫られました、もちろん丁重にお断りしました。
浮気なんかする人は、結局自分のことしか好きじゃないんだろうなあということだけは、この件で分かりました。

探偵事務所や興信所の浮気調査と費用について

浮気調査というのは通常の事件の捜査と違って、依頼人自らが探偵事務所や興信所にお願いをして行うものです。そのため調査のケースによってさまざまな種類があり、それによって払う代金も変わってきます。しかしながら、基本的に発生する代金はかなり大きくなっています。そこでなるべく安くするために気をつけたいポイントを見ていきましょう。
まず知っておかなければならないことですが、浮気調査には二種類あります。素行調査と素性調査です。素行調査は浮気していると思しき自らの配偶者の生活を調査し、本当に浮気しているのかどうかを見極める調査です。素性調査は、実際に浮気していることが判明してから浮気相手について深く調べる調査です。この二つにそれぞれ料金がかかり、最終的には合計した金額を払うことになります。
素行調査は時給または日給性で、投入人数に応じて時間がかかればかかるほど興信所費用が増えていきます。素性調査は一律であることがおおいです。
浮気調査をするさいには目的をはっきりさせておかなければなりません。なぜなら浮気をしている事実が知りたいだけなのか、それとも慰謝料を請求したいのかで金額が変わってくるからです。浮気の事実を抑えたいだけならば素行調査でこと足ります。しかしながら、慰謝料を請求したいと考えてその後の素性調査も依頼するのなら金額が大きく変わります。目的に応じた調査依頼をしましょう。
また、調査を依頼する前に色々な探偵事務所を比べてみるのも良いでしょう。確実に証拠をつかんでくれそうな信頼のある事務所であることが大前提ですが、自分の目的に合わせて相談してみると良いでしょう。また浮気調査の費用は慰謝料から出すことが出来る場合もあります。自分のお願いしたいケースにあわせた事務所を選びましょう。

単なる浮気のつもりが重大な結果になることも

正直な話、世の中には浮気によって生まれてきた子供たちが数多く存在するのかもしれません。
芸能界でもありましたよね。
自分の子供だと思って育ててきたのに実は他人との間にできた子供だったなんて事が。
数年前にはこのような事例を題材にした映画も作られ、大きな話題となりました。
そこで感じるのが、いったい誰が悪いのかという事です。
強いて言うならば、関係を持ってしまった女性に大きな責任があるのでしょうが、相手の男性にはそれ以上に大きな責任があるように思います。
単なる浮気のつもりだったのでしょうが、それで生まれてきた子供はどうなるのですか。
父親だと思っていた人物が実は全くの他人で、しかも実の父親は名乗り出ることもなく、沈黙を貫いているなんて。
浮気は決して良い結果を生むことはありません。
どうせなら隠し通すべきなのでしょうが、このようにいずれはバレてしまう可能性も十分にあります。
男と女が存在する以上、浮気はつきものです。
そのあたりのことを考えて、女性は自分の身もさることながら、生まれてくる子供の将来も守る必要(義務)があるのではないでしょうか。
それにしても、当人(浮気をされた側)の親子鑑定に至るまでの葛藤は相当なものだった事でしょう。
実生活の中で、子供の言動や行動に対して疑問に思うことが多々あったようですが、果たして鑑定するのはいかがなものなのか。
自分の子供を信用する事ができないといっても過言ではなく、親子との判定が出た場合には、後悔の念に苛まれたに違いありません。

浮気が疑わしい行動とは?

彼氏や彼女が浮気をしているのではないかと思うことはないでしょうか。実際に、浮気をされたことがある人だけでなく、浮気をされたことがないにしてもこんな行動は怪しいと感じるときがあります。今日はどんな行動は浮気だと疑われてしまうのかについて記したいと思います。
まず、多い行動の一つ目は週末などに会えなくなったということです。たとえば、お互いに仕事で忙しいというカップルでも週末だけはデートをする時間を取れるものです。付き合って最初の頃はきちんとデートする時間をとっていたけれども、段々と少なくなり、さらには忙しいという理由で会えなくなっていることはないでしょうか。実際に、そうした行動は浮気をしている可能性が高いかもしれません。注意してください。
次に多いのは携帯に関係することです。今はスマホが主流になってラインなどのSNSも浮気をしやすいツールとなっています。今までは携帯の中身を見せてくれたのに、最近はずっと携帯を肌身離さず持っているというのは浮気をしているかもしれない兆候です。特に、お風呂などに入るときも携帯をお風呂場まで持っていっているのはかなり怪しいですので、注意してください。
最後に浮気かもと思わせる行動は、前にも話したことを繰り返すということです。これは、相手が浮気相手に話したと思って、再び同じ話を繰り返している可能性があります。実際に、どうでもいい話は親密な関係になっている人とではないと話しません。そうした内容の話を繰り返し話しているということは浮気相手に話している可能性が高いのです。

私の周りの浮気事情と、浮気について思うこと

私自身は、元々恋愛経験が少ないというのもありますが、浮気をしたこともされたこともありません。だから実感としてどんな感じなのかはわかりません。でも、周りの人は浮気された経験があると言っている人が結構多いです。ちなみに、さすがに浮気をしたと周りに告白していた人は知り合いにいませんが。
浮気を見破ったと言う人は、女性の方が多いような気がします。夫が隠れて女性に電話しているのを見つけたとか、彼氏がSNSで他の女の子にデレデレしたコメントを書いてるのを見つけたとか、いつもと彼の様子が違うと気づいたとか、皆さんなかなか勘が良いようです。浮気が原因で別れたり、離婚したりした人も身近にいます。
私の場合は女性の知り合いがパートナーに浮気されたケースが多いのですが、世間では女性も男性と同じくらい、いやそれ以上の割合で浮気しているらしいです。夫婦間だけの問題ならまだいいですが、小さな子どもがいる場合には色々ややこしそうです。幼いうちから両親のゴタゴタにつきあわせるのは可哀想ですね。両親が不仲だと、精神的にも不安定になりやすいみたいですし。
浮気を防ぐためには、やっぱり日頃の心がけが重要なのだと思います。愛情表現をめんどくさがったり、口を開けば愚痴や文句ばかりになってしまうと、浮気される率も高まってしまうようです。浮気をする原因のひとつは、愛情不足や寂しさを感じることにあるらしいので。人間は強くはありませんから、心が満たされていないと満たしてくれる誰かを探してしまうものです。