探偵事務所や興信所の浮気調査と費用について

浮気調査というのは通常の事件の捜査と違って、依頼人自らが探偵事務所や興信所にお願いをして行うものです。そのため調査のケースによってさまざまな種類があり、それによって払う代金も変わってきます。しかしながら、基本的に発生する代金はかなり大きくなっています。そこでなるべく安くするために気をつけたいポイントを見ていきましょう。
まず知っておかなければならないことですが、浮気調査には二種類あります。素行調査と素性調査です。素行調査は浮気していると思しき自らの配偶者の生活を調査し、本当に浮気しているのかどうかを見極める調査です。素性調査は、実際に浮気していることが判明してから浮気相手について深く調べる調査です。この二つにそれぞれ料金がかかり、最終的には合計した金額を払うことになります。
素行調査は時給または日給性で、投入人数に応じて時間がかかればかかるほど興信所費用が増えていきます。素性調査は一律であることがおおいです。
浮気調査をするさいには目的をはっきりさせておかなければなりません。なぜなら浮気をしている事実が知りたいだけなのか、それとも慰謝料を請求したいのかで金額が変わってくるからです。浮気の事実を抑えたいだけならば素行調査でこと足ります。しかしながら、慰謝料を請求したいと考えてその後の素性調査も依頼するのなら金額が大きく変わります。目的に応じた調査依頼をしましょう。
また、調査を依頼する前に色々な探偵事務所を比べてみるのも良いでしょう。確実に証拠をつかんでくれそうな信頼のある事務所であることが大前提ですが、自分の目的に合わせて相談してみると良いでしょう。また浮気調査の費用は慰謝料から出すことが出来る場合もあります。自分のお願いしたいケースにあわせた事務所を選びましょう。